間伐について考える・・・その1

今冬も社有林数ヶ所においてスギ人工林の間伐施業が行われている
P1110033.jpg ▲ チェンソーマンが森林全体を視野に隣接木との関係を考慮しながら、現場で一本一本確認しながら伐倒していく。K.Kさんは39歳、経験年数10年余、先輩達に指導助言を受けながら、真摯に向き合い、誠実に挑戦している姿が印象的である P1110049.jpg ▲ 森林作業道沿いに集材された伐倒木はハーベスタによって枝払い、玉切りされる P1110029.jpg ▲ ハーベスタによって造材された丸太は、フォワーダによって集積土場に運材され、用途別に仕分けされる P1110058.jpg
▲ 当地域の民有林における伝承されてきた間伐方法は定性間伐であり、主に劣勢木や雪害木等を選んで伐る下層間伐である。自然の恩恵を享受しながら、所有者自ら山に入り、蔓切りをし、枝打ちをし、成長の悪いものを間引き、樹冠間隔を調整しながら良質な木材生産を目指してきたという歴史の延長線上にある手法である 

 🍀 思うこと 

  間伐は、森林の成長に応じて樹木の一部を伐採し、過密となった林内密度を調整する作業であり、人工林を育成していく上で極めて重要な施業である。 間伐を行うと、光が地表に届くようになり、下層植生の発達が促進され森林の持つ多面的機能が増進する。光が林内に差し込むため、幹や根が太く発達する。また、下層植生が繁茂することで風害や山地災害に強くなる、森林の水源涵養機能や土壌保全機能が高くなる。そしてお互いの成長を助長し、形質も良質化するため木材の価値も高まる・・・  これほど重要な施業であるはずなのに、現実にはそれを否定するような事例が多い。 あまりにも過大な森林作業道の道路幅用地の設定、作業道沿線だけの伐採、成長力旺盛な沢筋だけの伐採、以外の場所は間伐を実施した気配も感じられない・・・という目標には程遠い林分に出会うことがある。

 間伐を通じて「山づくり🌲」について考えさせられるこの頃である。

スポンサーサイト



令和6年 安全祈願祭

 令和6年1月6日、湯沢ロイヤルホテルにおいて年始恒例の安全祈願祭が執り行われた。1年の労働安全衛生を祈願する心引き締まる厳かな儀式である
IMG_3415.jpg ▲ 神官によるご祈祷、お祓いで会場の空気は厳かな雰囲気となる
IMG_3408.jpg ▲ 安全祈願祭は役員及び総務部・山林部・製材部・チップ部・運輸部の正社員及び臨時従業員の総勢90名余の出席で執り行われた。会社にとって労働安全、ゼロ災の推進は永遠のテーマであり、全員で労働災害絶滅を誓った IMG_3411.jpg ▲兼子社長が玉串を奉奠し、出席者と労働安全・社業の発展を祈願した IMG_3418.jpg
▲ 安全祈願祭終了後の新年祝賀会で兼子社長より年頭の挨拶があった。「会社にとってゼロ災の推進は未来永劫のテーマであり、今年も心引き締めて取り組んでもらいたい!みんなで力を合わせて企業理念実現に向けて頑張ろう!という力強いものであった。 

  🍀思うこと

  自然環境と最前線で向き合う林業・木材産業は、「木を植える、育てる、伐って利用する」の循環を誠実に実行し、グリーン社会の実現、経済と環境の好循環を作り出していく社会構築に貢献していかなければならない。地域林業は高性能林業機械の普及等によって「伐って利用する」施業は計画に添って行われているが、伐採跡地への植栽、その後の保育施業は極めて低水準で推移しているといえる。特にここ20年間は極度の低迷が続いている。将来における地域森林資源賦存量及び森林の持つ多様な機能の脆弱化が懸念される。林業・木材産業の基本的フィールドは森林であり、社会生活を支える基盤である。私達は健全な森林を守り育て、次代に繫いでいくことを第一義としなければならないのである・・・そんなことを思う年頭である。

  令和6年元日に発生した能登半島地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。いち早く皆さんの安全が確保されることをお祈り申し上げます 🙏

プロフィール

kitanihonsakudou3

Author:kitanihonsakudou3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR