間伐について考える・・・その4

 雪国にも春の気配が感じられる季節である。今冬の社有林間伐施業はスギ人工林40~60年生林分46ha余が3箇所で行われた。兼子会長による間伐現場の確認が行われた。
P3220007.jpg
▲ 1箇所目は、昨年取得した全体的に間伐が遅れ気味の12ha余の林分である P3220016.jpg
 
▲ 2箇所目は1昨年取得した25ha余の林分である。以前に間伐した経緯があると記録されているが、林分全体的な密度管理施業は実施されておらず、バラツキが懸念されたが、今回の間伐で課題が解決し、立木密度の平準化が図られている P3220026.jpg 
▲ 3箇所目も1昨年取得した9ha余の林分である。立木密度のバラツキが目立つ林分であったが、選木伐倒技術者のスキルにより、林分全体の密度管理が想定できる林分に仕上がっている。

  🍀思うこと
 地域森林資源は成熟度を増しており、大規模な皆伐施業地が見られるようになった。これらの林分では適正な間伐施業を行い密度管理されてきた林分と、間伐が行われず放置された林分では材質、収穫材積、素材率等が著しく異なり、合わせて生産コスト等にも大きな違いが出てしまう。当該経営計画に基づき、適期に適正な間伐(密度管理)を行うことは、長期に資金、労働力を投入してきた林業経営の利益還元を具現化する大事な施業であることを認識しなければならない。  当地域の林業は植林してから収穫まで60~80年余の歳月を要し、その間下刈りや除伐そして間伐(密度管理)等の手入れが必要である。手入れ施業を手抜きすると植栽木が成長していく過程で大きな障害が出て、長期的な施業目標を達成することはできない。 兼子会長は戦後の森林資源が極めて貴重であった時代を経験している。間伐現場で林相を見上げながら「豊かな森林資源こそ地域活性化の根源であり、会社活動の原動力である」と熱く語る・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kitanihonsakudou3

Author:kitanihonsakudou3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR