適正な間伐で次代に繫ぐ森林づくり

 冬季は社有林の間伐事業が主体的に行われる。現地の境界確認を行い、森林作業道(搬出路)の路線形を設定し、集積場所を確保して、いよいよスタートである
IMG_3387.jpg ▲ 森林作業道路線形内の支障木伐採である。地形・地質条件等を見ながら経験豊富なチェンソーマンが伐倒していく IMG_3396.jpg ▲ 計画路線に従ってザウルスロボが伐倒木を木寄せしながら、森林作業道を作設していく。森林作業道添いに伐倒木が集積され、作業区域を確保できるようになれば、ハーベスタが枝払い玉切り作業を行い、用途毎に仕分けされる IMG_3370.jpg
▲ 用途別に仕分けされた材は、フォワーダによって集積土場に運材される。この後ローダークレーン装着の大型トラックによって製材工場、合板工場、チップ工場へと運搬される。今日は兼子会長の現場巡回、安全指導の日である。作業状況を見ながら、社員の頑張りに満足の面持ちである。 

  🍀思うこと 
 スギ等人工林の壮齢林における間伐等保育管理の基本は適正な密度管理である。この頃、山に入って目につくには、間伐時期が極端に遅れている林分と、いろいろな事情があるにしても優良木を主体に伐りすぎて立木密度の極めて低いスカスカの林分が多いことである。雪深い当地域においては、いずれも雪害等気象災害を受ける要素の高い林分といえる。正に憂慮すべき状況である。このような状況下、社有林は次代に繫ぐ地域森林資源として適正な密度管理を行い、「5年後、10年後が楽しみだね」の思いを共有できる林分を構成していかなければならない
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kitanihonsakudou3

Author:kitanihonsakudou3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR